• 住職日記
  • Facebook

西方寺について

住職日記

イギリスで大変お世話内になった友人が遠いイギリスから、生後7か月の赤ちゃんを連れてわが寺院に来られました。

赤ちゃんが初めてお寺にお参りして 仏様に命恵まれたことを感謝することを「初産式」と言います。

今日のお参りは初産式かな。

カメラを向けるとにこっと笑って ハイ どうぞ。

元気な かわいい 男の子

元気に すくすく育ってほしい。

約12時間のロンドンへの空路、無事の帰国を祈っています。

仏様はいつでも 見守っておられますよ。

IMG_5896 IMG_5897 IMG_5899

 

 

 

 


不思議なご縁によって出会い 結ばれて33年が過ぎました

多くのご縁の出会いが今日の出会いではないでしょうか

一人の人生 どれほどの出会いがあるのでしょうか

本当は目に見えない無数のご縁によって私たちは生かされているようにおもいます

出逢った数より 出逢わない多くのご縁のおかげに感謝しなければならないでしょう

お祝いのデザートをプレゼントしていただいた小島様ありがとうございました

IMG_0762


2014年10月30日

浄土真宗の寺院にとって一番大切な法要 報恩講が営まれました。

浄土真宗を開いた親鸞様の御徳をたたえる法要です。

1週間前から本堂・庫裏の掃除、本堂内陣のお飾り それは大変ことでした。

法要 数日前に坊守の足のけが 大ピンチ うまく皆様のおかげで開催できました。

IMG_5855IMG_5860IMG_5878IMG_5884IMG_5887IMG_5889

大勢のお参りありがとうございました

お父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃん ご縁にておまいりさせていただいています

今生かされている命は私一人のおかげではありません

過去 多くのご縁に生かされた命ではないでしょうか

それに気づき 生かされている喜びに触れることが大切ではないでしょうか

何のために わが命があるのだろうか

どのように今を 生きていくのか 自らをIMG_5867問い直すことがお参りしていただいた意味ではないでしょうか