• 住職日記
  • Facebook

西方寺について

住職日記

西方寺12代住職 西照院釋了恵の50回忌法要・亡母西照院釋妙願の3回忌法要が営まれました。

50年前に往生した祖父の法要に多くの親族の皆様がお参り来られ、いいご縁に合わせていただきました。

また、2年前に93歳にて往生した亡母の法要も合わせて執り行いました。

90歳のおじ様から生後7カ月のひ孫までお参りしていただき、命のつながりをしみじみと思う法事となりました。

先立つていった人は後の人を導き、あと人は先立っていった人に導かれる。

まさにそのような思いがいたしました。この人がいなかったら、今の自分の命はどうなっていたのでしょうか。

命のバトンをつないでいるのでしょう。

また、新しいご縁や出逢いがありました。

今日のこのご縁、いただいたこの命、ありがとうございました。

IMG_0755 IMG_0753 IMG_0754 IMG_0760 IMG_0762 IMG_0767 IMG_0766 IMG_0768 IMG_0775 IMG_0764 IMG_0772

 


奈良郡山・善正寺では昭和38年から始められた真宗講座が平成27年11月で第400回を迎えられました

前住職・石川欣也様と坊守笑美子様によって始められ、今回、記念の仏教講演会が開催されました。

多くの方にお聴聞にきていただくように、50年前は住職と坊守様がチラシの手に朝・夕に駅頭に立って呼びかけられたそうです。

9日 石川欣也様 「ムアミダブツさま ことばによる救い」

10日 青木新門様 「いのちのバトンタッチ」 映画 「おくりびとによせて」

納棺の現場での死者からの教わった無量寿の継承、命のバトンタッチの大切さでした

11日 田代俊孝様 「ひと・ほとけ・いのち」

死を見つめたときに「涙の出るいのち」「つながるいのち」に気付きます。

私たちはご縁で生まれ、ご縁で死んでいきます。一切が縁起の法の中にあり、思い通りになりません。

思い通りにならないことを思い通りにならないと知っていくことがそれを超えていく道です。

以上は記念冊子からの抜粋です。よきご縁に合わせていただきました。

前住職様のご苦労に感謝いたしますとともに、8月に往生されました前坊守様の暖かな支えに感謝いたします。

西方寺 住職と坊守 記念講演会に御聴聞させていただきました。

なむあみだぶつ

IMG_0724 IMG_0726 IMG_0728 IMG_0734 IMG_0742 IMG_0736 IMG_0731 IMG_0745