• 住職日記
  • Facebook

西方寺について

住職日記

春分・秋分の日、太陽は真東からのぼり真西に沈む。

その太陽の沈む遥か彼方に仏国土があると善導ほ述べ、愛しき人を想う。

その日 太陽は二上山の雄岳と雌岳の間に沈む。

古来より人々はその夕陽の美しさに、お浄土を願っていた。

今年も多くの人がその風景を見ようと集まってきたが、あいにくの曇り空によって綺麗な夕日は拝むことができなかった。

しかし、太陽が沈み、刻刻と西の空が染まっていく風景.

親鸞・空海・日蓮・法然・そして聖徳太子も二上山の夕焼けを見て、遥かお浄土に思いをかけたと思えば、今まさに時間がつながっているかもしれない。

IMG_0546 IMG_0547 IMG_0550 IMG_0552 IMG_0559 IMG_0560 IMG_0561 IMG_0564 IMG_0554


2015年9月14日

仏教婦人会ではダーナ募金活動をしています。

西方寺では募金活動と共にその日ダーナとして皆様によって本堂のお掃除をしてもらっています。

本堂内の畳、正面の格子、内陣の床、内陣の磨きもの、など心をこめて綺麗にしていただきました。

彼岸を迎えるにあたって本堂も、心も綺麗になりました。

境内の華も初秋を思わせる華が咲いています。

IMG_0517 IMG_0509 IMG_0505 IMG_0513 IMG_0508 IMG_0512 IMG_0515 IMG_0518 IMG_0519

 


台風の去った雨上がり、 大和の歴史街道、 葛城の道を歩きました。

薄っすらと霧が落ちる葛城山山麓、古い町並が今も残っています。

道で出逢った女性に親切に古い代官所を教えていただきました。

車ですれちがったおじさんがにこやかに挨拶をしてくれました。

車に乗った若い女性が笑顔で会釈をしてくれました。

道で会う人が 誰でも挨拶をしてくれる。本当に人の温かさを感じる古道でした。

葛城の古道、御所市「ながら」の里を歩いて心が癒されるひと時でした。

IMG_1453 IMG_1458 IMG_1456 IMG_1451 IMG_1455 IMG_1457