• 住職日記
  • Facebook

西方寺について

住職日記

 

親鸞様の遺徳を偲び、ご恩に感謝する法要、報恩講が開かれました。

本堂の中は綺麗な華に囲まれていました。

中川先生は子供の詩を通じて、母が子を抱くように、「仏様が私たちを温かく包み込んでいますよ」

と話されました。

多くの皆様がお参りに来られまして、ありがとうございました。

白鳳短大に留学している女子学生によるミャンマーの民族踊りとモンゴルについて話していただきました。

参加の皆様からも活発な質問がでて、楽しい交流会となりました。

夜の部も多くの門徒さんがお参りされ、よき仏縁となりました。

IMG_0690 IMG_0697 IMG_0638 IMG_0647 IMG_0650 IMG_0652 IMG_0669 IMG_0672 IMG_0682 IMG_0677


2015年10月12日

稲が実り、もうすぐ稲刈りが始まろうとする季節、秋祭りが行われました。

門前の駐車場から衣姿で下りた時、「だんじり」を引くために神社に行こうとした見知ら

ない女子小学生が私に笑顔で「こんにちわ」と元気に挨拶をしてくれた。

僧侶の姿をしているとはいえ、知らない人ににこやかに挨拶をしてくれるとは驚きで

あり、何と心が豊かな子供なのか、感心しました。

無財の七施、布施行の「心施・和顔悦色施」ではないでしょうか。

子供はやっぱり仏の子ですね。

年に1回の秋祭り、子供たちの鐘・太鼓に合わせて、小学生の大勢の引手によって

「だんじり」が村の中を巡行して、秋の豊作の感謝、五穀豊穣を願いました。

子供たちの威勢のいい掛け声が村中に響きました。

普段は静かな村も、今日は子供たちの元気な声で生き物のようです。

夜、近所の村では豊作の感謝の気持ちから夜空の花火が打ち上げられました。

涼しくなった秋の夜空に綺麗な花火が打ち上げられ、

子供も大人も「うわー・きれい」大声をあげていました。

夜店も数店出店し、お祭りを楽しみました。

花火が終了後、人けがなくなった会場に行くと、たこ焼きの店が片づけを始めようとしていたので、

今日一日のお祭りの様子を聞いていたら、若い店主が「残り物が余っているので、

これ無償でどうぞ」と温かいたこ焼きを差し出してくれた。

私は花火見学のためにお金を持ってないと断ったが、

非常にさわやかな表情で私に温かいたこ焼きを手渡してくれた。

布施行「身施・言辞施」ではないでしょうか。

「陽ちゃんのたこ焼き」かしはらからやってきたと話してくれました。

「良かったら、来年は来て、買っていただければいいですよ」と、

にこやかな表情をしながら、いい香りのするたこ焼きを差し出されました。

小さな女の子の挨拶・若い店主のたこ焼き、温かいたこ焼きを久しぶりに食べながら、

人の温かさに触れた秋の1日であった。

来年はぜひ 「陽ちゃんのたこ焼き」店に行って

「頂いたたこやきおいしかったよ」と伝えよう。

IMG_1504 IMG_1502 IMG_1501 IMG_1507