• 住職日記
  • Facebook

西方寺について

住職日記

2015年7月12日

雨もあがり青空の夏日早朝、我が家の庭からセミが今年初めてふ化しました。

蝉殻が5つ 菩提樹の葉に止まっていました。毎年約50こ の蝉殻が出現します。

数年の地中生活ののちやっと土の中から顔をだし、わずか数日しか生きないといわれています。

この蝉の命も数億年の生命のつながりの今、ここに生きています。私の命もまた、今日ここに生きているのですね。

境内の蓮もまた、一つ咲きました。しかし、蓮の命はわずか2日間です。

IMG_0219 IMG_0220 IMG_0223


2015年7月6日

今年初めての蓮の華が雨の中、うすいピンク色の華が咲きました。朝日を浴びながら静かに開花したようです。

泥の中からい一本の蓮の蕾がようやく咲きました。

「一々のはなのなかよりは、三十六百千億の、光明てらしてほがらかに、いたらぬところはさらになし」

親鸞さんの和讃の浄土の蓮華には百千億の花びら、その蓮の花びらが光、仏となって相互に照らしあっていると述べています。

泥の世界、私たちの迷い、苦しみ、欲深い世界から蓮の華が咲く、光り輝く世界、仏のはたらきに包まれた世界を蓮の開花で味わいたいものです。

7月、8月 今日も新しい蓮の蕾が咲いていることを願っています。

IMG_0189 IMG_0193 IMG_0206 IMG_1371 IMG_0188 IMG_0207 IMG_0191